Nik_29のMinecraftブログ

主にMinecraftの記事を投稿します。

Nik_1.7.10リソースパックのご紹介

建築向けの16xリソースパック

ダウンロード

Nik_1.7.10.zip - Google ドライブ

ドライブのダウンロードボタンから。

説明&画像

 Minecraft-1.13までのテクスチャに近い16xのリソースパックです。

ダウンロード後のテクスチャなどの編集は自由ですが、改変版はインターネット上に公開しないでください(個人へは可)。

変更の要望はコメント欄へ。

※1.8以降だと一部ブロック、アイテムの名前が変更されない可能性があります。

f:id:minecraft2900:20210515131235p:plain

1.7.10-丸石と黒曜石(色相)、ネザーゲート、クォーツ(輝度)

 

f:id:minecraft2900:20210515135211p:plain

1.16.5-クォーツ(同)、堅焼き粘土(テラコッタ)

ゴミ記事

今回はゴミの固まりを作ったので適当に紹介します。

f:id:minecraft2900:20210307072403p:plain

外装

この宮殿、Modとリソースパックのブロックを多用しているので、少なくとも最新版では動きません。

内装はほぼありません(1,2階は部屋割りだけした)。一応紹介だけします。

f:id:minecraft2900:20210307073057p:plain

一階
の左の部屋

f:id:minecraft2900:20210307073148p:plain

一階右の部屋1

f:id:minecraft2900:20210307073311p:plain

一階右の部屋2(スタジオ)

f:id:minecraft2900:20210307073356p:plain

スタジオの中です。

f:id:minecraft2900:20210307074031p:plain

二階唯一の部屋

f:id:minecraft2900:20210307074148p:plain

今は党大会会場として使っているので会議場があります。

f:id:minecraft2900:20210307074419p:plain

部屋のない3階です。

 

f:id:minecraft2900:20210307074640p:plain

裏は本当に何もありません。

リソースパックは一応配布してます。

Nik_29.zip - Google ドライブ

終わり

リソースパックを作ろう!!(第2回)

第2回です。前回は中途半端なところで終わってしまって申し訳ないです。今回はassetsフォルダを編集します。第一回↓

nik29.hatenablog.com

 

1:コンテンツのフォルダを作る

まずは本体やModのフォルダを作りましょう。

f:id:minecraft2900:20210222200418p:plain

実際のエクスプローラ画面です。minecraft本体以外のMod も、前回と同じく解凍して編集できます。

とりあえずminecraftフォルダを作って開きましょう。

f:id:minecraft2900:20210222200306p:plain

編集できる項目

本当はこれ以外にも項目がありますが、普通使うのはこれらです。mcなんとかはOptiFine がないと動かないのでまた今度紹介します。

2:langファイルの編集

最初は割と簡単なlangについてです。まず、前回解凍したassetsフォルダの同じ階層のlangを丸々コピーします。フォルダの中にはen_US.langと言うのがあると思います。

それに習って日本語のja_JP.langを作ります。

f:id:minecraft2900:20210222202930p:plain

メモ帳で開いて編集します。

内容(ID)はen_USの中からコピーしましょう。

例えば鉄ブロックの名前を「プレハブブロック」に変えたいとします。

 

tile.blockIron.name=プレハブブロック

 

こうです。解説すると

tile(物の種類).blockIron(ID).name=プレハブブロック(メモ帳の名前の言語又は半角英数字で書ける好きな名前)

みたいな文字列です。

3:テクスチャ変更

遂にブロックのテクスチャ変更です。ここまで長かったですね。まず、minecraftフォルダーの中に textures フォルダーを作りましょう。中に blocks フォルダー等を作るんですが、ここで解凍した(前回)フォルダから持ってくるのもいいんですが全て入れると読み込みがだいぶ遅くなるので(面倒だけど)ブロック一個ずつ追加するのがいいと思います。

f:id:minecraft2900:20210223064541p:plain

f:id:minecraft2900:20210223065312p:plain

あとはブロックのテクスチャをコピペして画像編集するだけです。

一応注意なんですが、Win10のデフォルトのペイントではアルファチャンネルが使えないのでペイントで開くと背景が自動的に(透明ではなく)白くなります。なのでGIMP(無料)などをインストールしましょう。

アニメーション付きブロックの編集

次は水や溶岩などアニメーションがあるブロックの編集です。

アニメーションにはpackと同じmcmetaという拡張子を使用します。

f:id:minecraft2900:20210223070138p:plain

数字の部分がフレーム数です。

画像は縦長な感じに。例えばx16リソースパックの場合、二種類の画像を交互に入れかえたいとします。比率は1:2(?)で(縦)16x(横)32のような比率になります。

4:textsの編集

texts はMiencraftのタイトル画面などで表示する文字がメモ帳で変更できる、という項目です。splashes.txt の中が1ロードごとに変わるタイトル画面の動く文字です。

5:まとめ

以上、今回はリソースパックの作り方を説明しました。よければコメントなどお願いします。